ちょっとだけ違う?トラックバックとピンバック

ブログを始めている方なら、トラックバックという言葉はよく目にすると思います。

WordPressにはトラックバックと同じような、ピンバック機能っていうのがあるらしいですね。

それぞれについて調べてみました。

トラックバックってなに?

ブログの記事内に、他の方のブログのリンクを貼りたい時ってありますよね。

他の方のブログのリンクを貼った時に、相手ブログに「リンクを貼りましたよ~」と通知してくれる機能がトラックバックです。

トラックバックが送信されることで、相手ブログに自分のブログのリンクが表示されます。

自分のブログと相手ブログが相互リンクされるので、相手ブログのユーザーの訪問や、検索エンジンの流入が期待できます。

トラックバックの方法

トラックバックを送るには、相手ブログのトラックバックURLを入力する必要があります。

だいたいのブログでは、記事の下の方(コメントフォームの下など)に書いてあるようなので、まずリンク先のトラックバックURLを探してください。

WordPressで、投稿画面にトラックバックURLを入力するところを表示させるには、投稿画面いちばん上の右上、表示オプションで設定します。

表示オプションの場所の説明

表示オプションを開いて、

トラックバックの送信にチェックを入れる場所の説明

トラックバック送信にチェックを入れると、投稿画面の下の方にトラックバック送信先を入力するところが表示されます。

トラックバック送信先を入力する場所の説明

ここに、相手ブログのトラックバックURLを入力します。

でも、私のブログはトラックバックURLなんてないけどな…と調べてみたら、Wordpressの標準ではトラックバックURLが表示されないようです。

PHPコードを修正すると表示されます。

ピンバックはどう違うのか?

トラックバックは、相手ブログのトラックバックURLを入力する必要がありますが、ピンバックはURLを入力しなくても自動で相手サイトに通知されます。

ピンバック機能はWordpress間だけのものなので、相手サイトがWordpressを利用していない場合は、トラックバック機能を使うことになります。

そういえば、自分のブログ内の記事のリンクを貼った時に、コメントに承認してくださいって届いてました。

その時は、何でそんなコメントが届くのかさっぱりわからずにビクビクしてましたが、調べたら自分の記事間のことだったので笑っちゃいました(^^;

自分のブログ内の記事のリンクでも通知が届くんですね。

トラックバックの注意点

以前は、被リンクを獲得するためにトラックバックがよく使われていたようです。

でも、今は被リンク目的だけで大量にトラックバックを送っていると、スパム行為とみなされることもあります。

双方の記事に関連性があること、自分の記事内で相手の方の記事についてきちんと書くなど、マナーを守ってトラックバックしましょう。

また、スパム対策として、トラックバックは承認制にすることができます。

管理画面の設定→ディスカッションで設定できます。

最後に

トラックバックやピンバック、通知が送信されると考えただけでなんだかドキドキしてしまうのは私だけでしょうか?

ブログ間のネットワークも広がるので、マナーを守ってトラックバックしていきたいですね。