SSL化ってなに?意味と設定方法をわかりやすく解説

自分にはまだまだ無関係だろうと、気にしていなかったSSL化。

でも、「SSL化は最初のうちにやっておいたほうがいいよ」って教えてもらいました。

あとでするのは大変らしいので、さっそくその意味から調べてみました。

SSL化ってなに?

みなさんクレジットカードよく利用しますか?

今はネットショッピングの支払いとか、クレジットの人が多いと思います。

webサイト上に個人情報を入力する機会が増えましたよね。

そんなwebサイト上での個人情報やカード番号なんかを、暗号化して送受信してくれる仕組みのことをSSLっていいます。

サイトをSSL化することによって、ハッカーなどの第三者に大事な情報を盗み見されません。

SSL化すると、URLが変わります。

SSL化されてないサイト = http://

SSL化されてるサイト = https://

アフィリエイトを始めるずっと前に、URLにSが付いてたらそのサイトは安心って、どこかで聞いたことがありました。

それ以来、見ているサイトがhttps://だと、個人情報を入力するわけでもないのになんか安心でした。

きちんとしてる感です。

ただなんとなくってだけなんですが、そんなふうにサイトを見ている人もきっと多いだろうなと思います。

サイトに来てくれた方には安心して見て欲しいですよね。

SSL化の設定方法(エックスサーバー編)

エックスサーバーにログイン後、サーバーパネルにログインします。

次に、SSL設定をクリックします。

すると下の画面になるので、独自SSL設定を追加するをクリックするはずが…

設定済になってました。え?やったっけ?

調べてみると、最初のドメイン設定の時にSSL化を同時にしてたようです。

教材見ながら書いてあるままにやってたんで、知らないうちに設定してたんですね(^^;

未設定の場合は、この画面に独自SSL化を追加するってボタンが出てくるのでそこをクリックすると、設定を追加しました。反映に1時間ぐらいかかります。って感じの言葉が出てきます。

SSL用アドレスを押してサイトが表示されたら、wordpressでの設定に進みます。

反映がまだのうちはサイトが正しく表示されないので、表示されるまで待ちましょう。

wordpressの設定→一般画面で、wordpressアドレスサイトアドレスのhttpにsを付け足して、httpsにします。

次にエックスサーバーに戻り、ホーム→マニュアル→サーバーについて→htaccessのWebサイトの常時SSL化をクリックします。

webサイトの常時SSL化の、下の部分のコードをコピーしてメモ帳などに貼り付けておきます。

エックスサーバーのサーバーパネル画面に戻り、htaccess編集をクリックします。

編集するドメインを選択します。

さっきコピーしておいたコードを、先頭に貼り付けます。

確認ボタンを押すと、確定画面にすぐ変わるので確定を押しましょう。

これでSSL化の設定は終わりです。

URLの鍵マークを押すと、「このサイトはSSL化されてるから暗号化されますよ」っていうSSL証明書をユーザーが確認することができます。。

SSL化の設定したのに保護されてませんってでるんですけど…という方は、

こちらの記事の方法を試してみてください。