賢威8でグローバルメニューにサイトマップを表示させる方法

ユーザーに優しいブログにするなら、目次にもなるサイトマップがあった方がいいですよね。

サイトマップには、ユーザー用のものと、クローラー用のものがありますが、今回は「PS Auto Sitemap」を使って、ユーザー用のサイトマップを作る方法を書いていきたいと思います。

プラグイン「PS Auto Sitemap」をインストール

WordPress管理画面のプラグインから新規追加を開きます。

プラグイン新規追加

プラグイン「PS Auto Sitemap」を検索して今すぐインストールをクリックします。

固定ページを新しく作る

管理画面の固定ページで新規追加を開きます。

固定ページの新規追加

好きなタイトルをつけてください。例えばサイトマップなど。

テキストエディタに <!-SITEMAP CONTENT REPLACE POINT-> と入力してください。固定ページに入力する内容はこれだけなので、公開を押しておきます。

固定ページ一覧で確認します。

サイトマップの数字

新しく作った固定ページのURLにある数字(記事ID)をメモしておいてください。

サイトマップをグローバルメニューに追加

テーマによって違うようですが、ここでは賢威8を使った方法です。管理画面の外観からメニューを開きます。

左側の固定ページにサイトマップが表示されているはずです。サイトマップにチェックをいれて、「メニューに追加」をクリックします。

右側のグローバルメニューに追加されます。

PS Auto Sitemapの設定

次に管理画面の設定からPS Auto Sitemapを開きます。

PS Auto Sitemapの設定

ホームページの出力にチェックをいれると、サイトマップのいちばん上にサイトタイトルが表示されます。必要ない場合はチェックを外してください。

投稿ページはいりますよね。

プロフィールやお問合せなどの固定ページをサイトマップに表示させたくない時は、固定ページリストの出力のチェックを外してください。

ここで、さっきメモしておいた固定ページのURLの数字(記事ID)の出番です。サイトマップを表示する記事のところに入力してください。

出力階層制限は、第1階層にすると、

サイトマップ第1階層

こんな感じでカテゴリしか表示されません。ユーザーにはわかりにくいですね。

第2階層にすると子カテゴリーも表示されます。

サイトマップ第2階層

第3階層にすると子カテゴリーの中のタイトルも表示されます。ちなみに私は今のところ制限なしにしていますが、あまり細かく分けていないので第2階層以降と同じ表示になっています。

その他の表示設定も、お好みのものを選択してください。サイトマップに表示させたくない記事がある場合は、その記事の記事IDを除外記事に入力します。

PS Auto Sitemap設定の後半

スタイルの変更で、実際に表示を確認しながら好きなものを選んでください。これで設定は終わりです。保存して、サイマップがきちんと表示されているか確認してみてください。

ユーザーに優しいブログ=クローラーにもわかりやすいブログになっていくので、読者目線を心掛けていきたいですね。