【noindexタグが追加されています】Search Consoleエラー対処法

いつものようにメールチェックをしてたらGoogleからこんなメールが届いてました。

「対象範囲」の問題が新たに検出されました

さっぱり意味がわからなかったんですが、とりあえあず青いボタンをクリックしてSearch Consoleの画面で確認してみました。

サーチコンソールエラー

やっぱりエラーになってますね。エラーの詳細は、「送信されたURLにnoindexが追加されている」とかどうとかです。

そもそもnoindexって何なんでしょう?

noindexって?

例えばテストページなど、ユーザーにとって意味のないページを検索エンジンにインデックスさせてしまうと、サイト全体の評価に悪い影響を与えてしまう場合があります。

インデックスしてほしくないページにnoindexタグをつけると、「このページはインデックスしなくていいですよ~」と検索エンジンに伝えることができます。

noindexにしたページはGoogleには認識(クロール)されますが、評価の対象にはされないので検索結果にも表示されません。私の場合、エラーになっているURLは「https//irohaa.com/sitemap.html」でした。

こんなURLは知らないのでさっぱり意味がわかりません。

調べてみると、原因はWordpressのプラグイン、Google XML sitemapでした。クロール用のサイトマップを作るプラグインGoogle XML sitemapですが、自動でsitemap.htmlのページを作ってしまうようですね。

対処法がわかったので書いておきますね。

sitemap.htmlのエラー対処法

WordPress管理画面の設定から、XML-Sitemapを開きます。

XML-Sitemapの設定

「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外して設定を更新をクリックします。Google search console画面を開くと、「修正を検証」ボタンが出ていると思うのでそこをクリックしてください。

するとGoogleから「対象範囲」の問題を検証しています、というメールが届くはずです。検証には1週間ぐらいかかるかもって書いてあります。

1週間って、結構長いですね…。焦らず待つことにします。

今回のように勝手にページができてしまっている場合ではなく、自分でnoindexに設定している記事がエラーになってしまうこともあるようなので、その場合の対処方法も調べてみました。

私はまだnoindexにしている記事はないんですが、事前に知っておくと慌てないかもしれませんね。

もともとnoindexに設定している場合の対処法

記事をもともと自分でnoindexにしている場合は、その記事をクロール用のサイトマップから除外しておく必要があります。除外する方法は、Wordpress管理画面の設定からXML-Sitemapsを開きます。

Excluded Items

Excluded Itemsという項目の投稿(個別記事)を含めないのところに、除外したい記事のIDを入力します。記事IDは、投稿一覧で記事タイトルにカーソルをもって来ると画面下の方に表示されます。

記事ID

IDを入力したら、設定を更新ボタンを忘れずにクリックしてください。

エラーを放置しておくとサイト全体の評価が悪くなる場合もあるので、早めに対処しておきましょう。

追記:その後なかなかGoogleから修正しましたというメールがとどかなかったので、クロールをリクエストしました。
リクエストの方法もまとめてみたので参考にしてみて下さい。<<Fatch as googleでクロールをリクエストする方法【サーチコンソール】

エラーを修正してか~ら~の~リクエスト、という流れがいいようですよ。