賢威で記事内の画像を装飾する方法|初心者でも簡単です

記事内の画像が、なんだかパッとしないなぁって思ったことありませんか?

画像が全体的に白くて記事の背景色も白いと、境目がいまいちわかりにくかったりしますよね。

境目がわかるようにと、スクリーンショットで撮った画像をペイントで開いて枠をつけたりしてたんですが、これが結構めんどくさい。

細かいとこが雑なので、枠の太さが記事内でも違ったりして自分でもカッコ悪いなぁとは思ってたんです。

そこで調べてみると、賢威では画像装飾が簡単にできるようですね。

簡単に画像がいい感じに装飾されるので、思わずパソコンの前で「お~」って言ってしまいました。

画像の装飾の方法

テキストエディタで画像のHTMLのとこを見ます。

「imgタグ」とやらがありますよね。

ここのclass=のあとに決まった文字を追加するだけなんです。

追加する文字は「”」ダブルクォーテーションで囲んでください。

例えば影をつけたい場合は、

class=のあとに”shadow” と追加します。

すると、こんなふうに画像に影ができます。

shadow02」と追加すると、

影02ができた画像

影の付き方が変わります。

outline」と追加すると、

周りにうっすら枠ができます。

circle」と追加すると、

丸くなります。

私もよく使うんですが、「frame」を追加すると、

周りにフレームができます。

これがとっても気に入っていて、上のimgタグの画像も「frame」を追加しています。

rc4」と追加すると、

角が少し丸くなります。

rc8」にすると、

角の丸が少し大きくなります。

「rc12」にすると、

さらに角の丸が大きくなりました。

画像の枠を変えるだけで、記事内がすごくいい感じになりますよね。

とっても簡単なので、ぜひ試してみて下さい。