FTPソフト「File Zilla」が毎回インストール画面になる時の理由

テーマ更新や、ブログのカスタマイズ時にちょいちょい出てくるFTPソフト。

慣れるまではすんご~く難しそうに見えるので、最初はなんだか使いたくないですよね(^^;

でも、不具合が起きたときに元に戻せるので、インストールして使い方を勉強しておいたほうがいいですね。

が、デスクトップにある「File Zilla」のアイコンをクリックすると、毎回開始されるインストールの流れ。

何で毎回インストールになるの?

って、結構初歩的なことですが、わからなかったので調べてみました。

それじゃない

デスクトップやダウンロードファイルの中にある「File Zilla」のアイコンは、インストール用のもの。

インストール時の保存先が違うというか、見落としていただけでした。

インストール時のこの画面です。

File Zillaの保存先

赤枠で囲ってあるとこがインストール先です。

C:\Program Files\FileZilla FTP Client ってなってますね。

①PC→②Windows8_OS(C:)→③Program Filesの順番で開いていくと、

①PC②windows8OS(C)③Program Files

「FileZilla FTP Client」があるので開きます。

④FileZilla FTP Client

出てきたファイルの「filezilla.exe」を開くと、すぐにFile Zillaの操作画面がでてきます。

filezilla.exe

インストール画面が全部英語ですし、流れ作業的にインストールしていると見落としてしまいますよね。

インストール場所が分かったので、これで毎回のインストールとはおさらばですよ。