初めて独自ドメインを取得するなら!おすすめのドメイン会社を比較

いろはです。

wordpressでブログをするなら必要になってくる独自ドメインですが、
ドメイン会社もたくさんあって迷ってしまいますよね。

そこで今回は、よく使われているおすすめのドメイン会社を3社紹介したいと思います。

まず、登録料金、更新料、サポート、WHOIS情報公開代行を比較してみました。

登録料金例(com) 更新料(1年) サポート WHOIS情報公開代行
お名前.com 年間760円
(キャンペーン期間中料金)
1280円 電話サポート・
チャットサポートあり
WHOIS情報公開代行対象ドメインのみ
新規登録時無料
ムームードメイン 年間799円
(キャンペーン期間中料金)
1480円 チャットサポートがあるようだが、
ページがどこにあるのか不明
無料
バリュードメイン

 

年間799円
(キャンペーン期間中料金)
1382円

ライブチャットあり

コアサーバー「CORE-B」「CORE-C」プラン・
バリューサーバー「ビジネス」プランの
利用者は電話サポートあり

無料


(2019年2月12日時点の料金です)

上記の金額はキャンペーン中で、通常よりも若干安くなっていますが、
「com」の場合はだいたい700円~1400円ぐらいで取得できます。

トップレベルドメイン(comやnetなど)についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

独自ドメインは、登録料金+1年ごとに更新料がかかってきます。

トップレベルドメインによっては登録料が安かったりしますが、更新料が高めの場合もあるので
料金で選ぶなら合計額で考えてみてください。

WHOISとは?

上の表にあるWHOISとは、ドメインの登録者情報をネット上に公開するもので、
ICANNという民間の非営利団体の「ICANNレジストラ認定規約」によって公開が義務づけられているものです。

聞きなれない団体名で分かりにくいですが、ドメイン登録者の情報は公開されるということです。
WHOIS情報公開代行とは、ドメイン登録者の情報をドメイン会社の情報に代えて公開してくれるものです。

この情報公開代行を設定することで、個人情報がだだ洩れではなくなるのです。

私はバリュードメインを利用しているので、無料で情報公開代行を利用しています。

お名前.com

お名前.comの料金表の画面です。
お名前.comの料金表
※上記の金額は、2019年2月12日時点の金額です。

お名前.comでは、中古ドメインのオークションサービスもあります。

ちなみに知らなかったのでちょっとびっくりしたんですが、
お名前.comでは、「賢威パッケージ」なんてのもありました。

レンタルサーバーとセットになっているようです。
気になる方はこちらから覗いてみて下さいね。お名前.com VPS

職場でお名前.comの電話サポートも利用したことがあるんですが、丁寧な対応でした。

チャットやメールだけだと返事が届くのに時間がかかりますし、電話サポートは初心者には嬉しいですね。

WHOIS情報公開代行が対象のドメインの場合は、登録時に設定しておかないと、
後で設定すると有料になってしまうので気をつけてください。

ムームードメイン

ムームードメイン料金表の画面
※上記の金額は、2019年2月12日時点の金額です。

ドメインの種類は400種類以上。
キャンペーンの時に、xyzなどのあまり聞きなれないドメインですが、格安で取得できることがあります。

WHOIS情報公開代行は、登録時でも後から設定しても無料です。

バリュードメイン

バリュードメインの料金表の画面
※上記の金額は、2019年2月12日時点の金額です。

バリュードメインも、WHOIS情報公開代行は登録時でも後から設定しても無料です。

バリュードメインではブログを始めるための初期設定をやってくれるサービスもあります(有料)
気になる方は下の画像から詳細が確認できます。


それぞれの画像のように、ドメイン会社ではキャンペーンがよく行われています。
年間数百円ですが、安くドメインを取得できる時があります。

他には、うっかり更新を忘れてしまうなんてこもあると思うので(私は確実に忘れます^^;)
どのドメイン会社を利用しても、ドメインを取得した際は自動更新を設定しておくことをおすすめします。

最後に

今回はおすすめのドメイン会社についてでした。

初めての時は迷うことも多いですし、ドメインを取得するだけでも時間がかかってしまうかもしれませんが、
ひとつひとつ進んでいけば大丈夫です。

ドメイン会社を選ぶ参考にしてみてくださいね。