備えが大事【BackWPupでDropboxにバックアップする方法】

WordPressのバックアップってどうやるんだろう?

サイトをコツコツ作りながらずっと気になってたので、今回バックアップをやってみました。

私はエックスサーバーを使ってますが、エックスサーバーは自動でバックアップしてくれます。

利用しているサーバーに自動バックアップ機能があるのか、まず知っておいた方がいいですね。

サーバーが自動でやってくれるなら、もう何もしなくていいってことなのか?

予期せぬ事態で突然サイトが真っ白!なんてこともあるようですね。

そんなことになったら、愕然としますよね。

サーバーに連絡して復旧をすることが出来ますが、費用と時間がかかってしまいます。

パソコンが突然故障!なんてことになっても愕然です。

なので、プラグイン「BackWPup」を使って「Dropbox」に保存することにしました。

BackWPup?Dropbox?

BackWPupは、バックアップができる無料のプラグインです。

WordPressのバックアップのデータは、テーマやプラグイン、画像などのファイルデータと、記事コンテンツなどのデーターベースのデータに分けられます。

なんだかわかりにくいですが、いろいろなファイルデータといろいろなデータベースってやつ2つに分けて保存されてるってことのようです。

BackWPupは、テーマや画像などのファイルはもちろん、データベースもバックアップしてくれます。

Dropboxとは、ネット上にデータを置いておくことが出来るサービスです。

ネット上にデータを保存できるので、突然パソコンが壊れてしまった場合も、保存されたファイルは無事です。

BackWPupでDropboxに自動バックアップする方法

Dropboxにログインしておきます。

Dropbox

専用アカウントを作るか、Googleアカウントでログインすることもできます。

ログインしたらこんな画面です。

最後に保存されているか確認したいので、ログインしたままにしておきます。

 

WordPressの管理画面でBackWPupをインストールします。

プラグイン→新規追加を開きます。

プラグイン追加画面のキーワードの所にBackWPupと入力するとすぐに出てきます。

インストールを押して、有効化をクリックします。

すると、下の画像のようにBackWPupが追加されるので、「新規ジョブを追加」を開きます。

BackWPupにしてもらう仕事の設定をしていきます。

まずは一般タブから。

このジョブの名前は、自分のわかりやすい名前を入力します。

データベースバックアップ、ファイルのバックアップ、インストール済みのプラグイン一覧にチェックをいれます。

アーカイブ名の所はそのままいろいません。

アーカイブ形式はWindowsならzip、MacならTar BZip2にします。

ドロップボックスにバックアップしたいので、Dropboxにバックアップにチェックをいれます。

下の方にある変更を保存ボタンをクリックします。

続いてスケジュールタブです。

スケジューラ―の種類は基本にします。

バックアップの間隔ですが、記事の更新頻度などにあわせて設定して下さい。

時間はアクセスの少ない時間に設定しましょう。

変更を保存ボタンを忘れずに。

DBバックアップです。

ここではバックアップファイルの圧縮だけGZipにします。

それ以外はそのままで大丈夫です。

変更を保存ボタンを忘れずに。

ファイルタブです。

そのままでもいいですが、テーマのバックアップで使わないテーマがあれば除外しておきます。

プラグインタブでは圧縮をGZipに。

保存先をDropboxにすると宛先Dropboxのタブが追加されているので、

Dropboxのアプリ認証コードを取得をクリックします。

許可しますか?の画面がでるので許可すると、認証コード画面がでてきます。

このコードをコピーして、Dropboxタブのアプリへのアクセスのとこに貼り付けます。

変更を保存してください。

これでBackWPupとDropboxが連携され、設定が完了です。

設定の確認

BackWPup→ジョブを開きます。

設定したジョブが表示されているか確認します。

試しに今すぐ実行を押してみると、すぐにDropboxにバックアップされるので確認してみて下さいね。